工事による環境整備はみんなが生活に直結している

>

安全に通れるように

作られてから数年が経過した道路は、一部が崩れ次第に穴が開いていきます。
その状態を放置すると人が躓いたり、車のタイヤが穴に落ちたりして、事故の原因にもなってしまいます。
つまり危険な事故を防ぐために、定期的に道路の工事が行われているわけです。
道路の安全性を高めることが目的なので、工事をしていても邪魔だと感じたり、迷惑だと思ったりしてはいけません。

工事を行わないと、都民が安全に道路を通行できなくなります。
1回だけ道路を工事しても、数年後には再び穴が開いてしまうことになり、工事を繰り返さなければいけません。
東京都内には道路が多く、それも理由で工事が続々と増えています。
工事にはこのように、きちんと理由があると理解しつつ、うまく付き合っていきましょう。

工事のときは早めに自宅を出よう

通勤や通学で使っている道路で工事を行っているとわかっている時は、いつもより早めに自宅を出るのが良い方法です。
工事をしている時は道路が通行止めになり、通れないかもしれません。
迂回し遠回りをしなければいけないので、いつもの時間に家を出ると遅刻してしまうでしょう。
また片側一車線で通れる場合でも、いつもより目的地への到着が遅れる可能性があります。

時間に余裕を持たせて出かけることを心がけましょう。
仮に会社や学校を遅刻した時に、道路が工事中だったからといっても認めてもらえるのは稀です。
工事の規模にもよりますが、いつもより30分から1時間ほど早く自宅を出れば、遅刻することはありません。
よく計画を立てて、行動していきましょう。


工事の目的を調べよう

この記事をシェアする